沢山の人とは友達になれそうもない、少ない友達の作り方とは?

沢山の人とは友達になれそうもない、少ない友達の作り方とは?

沢山の人とは友達になれそうもない、少ない友達の作り方とは?

沢山の人とは友達になれそうもない、少ない友達の作り方とは?

 

 

引っ込み思案だったり、コミュ障だったり、時間がなかったりと、必ずしも皆が多くの友達を作れるわけではありません。
また主義として、多くの友達を作りたくないと考えている人もいます。

 

良く考えてみれば、それは本来大正解なのです。
友達は本来少ないものです。
そして、少なくて良いのです。
後は「遊び仲間」や「知人」と言うのが本来の姿で、「友達100人できるかな?」と言う考えの方が間違っているのです。

 

理由はどうあれ、友達を最小限の人数に抑えること正しい行動と言えるでしょう。
そもそも、多くの人が間違っているのです。
「遊び相手」というものを「友達」にカウントしているからです。
しかし、最小限に友達を作るとなると困った問題も出てきます。

 

気軽な「遊び相手」とは違いますから、選定に困るのです。
そこまで趣味嗜好が合って、一緒にいても不快でない人、それが少ない友達の作り方の大きな条件だからです。

 

多くの「遊び仲間」がいる煩わしさはゼロですが、そこまで一緒にいることに不快感を感じない相手を見つけるとなると、まるで恋人を見つけるような作業になってしまいます。最近の知人が沢山いて、仲には有力者もいてまるで虎の威を借る狐のごとく、まるで金魚のフンがごとく付いて回っては自慢している人間には辟易しますが、だからと言って真の友達を見つけるのは骨の折れる作業です。

 

深く趣味に興じたり、深く趣味を語ったり、お互いを真剣に思い遣れたり、言ってみればこれが本当の友達と言うものです。
遊びにいくことを断っただけで「あいつ付き合い悪いな」なんて言うのは友達とは言いません。
これこそ正にただの知人、もしくはそれ以下です。

 

さて、骨の折れる少ない友達の作り方ですが、それについて今回は解説していこうと思います。

 

 

 

・大勢の中から選択する形は最悪

 

少数派を見つける時、多くの中から探そうとするのが普通です。
それが少ない友達の作り方の早道に感じます。
ですが、それは同時にいらない知人まで作ってしまうことになってしまうのです。
能天気な人は、一度会っただけでも仲間だと思っていたりします。

 

大勢から探すとなれば、時には一緒に遊びに行ったりもするでしょう。
また、もし自分が求める相手が特殊な趣味の相手だった場合、そんな大勢の中で自分の趣味嗜好を明かすことはないでしょうし、少数派で友達を作る場合は時間をジックリ掛けることです。

 

元々、友達がいないか、極めて少ないのですから、今更焦って1ケ月、2ケ月短縮したところで何も変わりません。
とにかく、周囲のグループや、その傾向、集団内の順列などを見ながら、同時に誰がどんな趣味嗜好を持っているのかも調べていきましょう。

 

そうしながらも、勉学や仕事には最大限励む必要があります。
いざ友達になれそうな人が見つかった時に、自分とつきあうことにメリットがあり、ステータスがあるように思わせるためです。
ただの「ぼっち」ではなく、「至高の人」に近い状態になっておくことが友達を作る上ではとても大事なことです。
「話せない」のではなく「話さない」、そんなタイプを目指すことも大事です。

 

沢山の人とは友達になれそうもない、少ない友達の作り方とは?

 

 

 

・相手の趣味嗜好は思い込みではなく100%確実にしておく

 

勘違いをして恥をかかないように観察は確実にしておき、相手の趣味嗜好は相手以上にあなたが知っているほどの状態にしておいて下さい。
もしあなたが、1人の相手以外に隠しておきたい趣味を持ったいた場合、間違った時悲惨な状況に追いやられます。

 

どれだけかの期間観察したら、狙いを定め、その相手を更にある一定期間観察していきましょう。
まるでストーカーのようですが、相手に迷惑をかけている訳ではないので、理想の友達作りのためには仕方がないと考えることが大事です。
そして、長い期間の観察の末に確信が持てた時、アフター5で偶然を装って、相手の趣味に食い込んでいきましょう。

 

アニメやフィギュアが好きなヲタクだった場合、相手がそういう店へ言った時に偶然会ったかのように声をかけるのです。
「へー、あなたもここら辺に興味あるんだ?」の一言で良いのです。
「あなたも」の「も」が重要なのです。
そして、お互いその場に居合わせることで双方その意味を理解できるのです。

 

そうなれば、もう一番の親しい友人になったも同然です。
色々語りあいながら店を巡り、店を出たら「これからどう?○○の話でもしながら食事でも。せっかくだから。」と声をかけましょう。
もうすでに完全に仲間意識を持っているので、本当に用事がない限りは、この後食事へ行き、親交を深めるのです。

 

沢山の人とは友達になれそうもない、少ない友達の作り方とは?

 

 

 

・大事なことは秘密の共有感覚をもった人が増えること

 

少ない友達の作り方で重要なのは、この趣味を秘密にして、秘密の共有と言う共犯にしてしまうことです。
その趣味嗜好が、格好良くても、恥ずかしくても、そういう趣味嗜好があり、それでお互いやり取りしていることは言わないことです。

 

そうすることで2人の仲はより深まりますし、お互いがお互いに特別感を抱けるのです。
そうなれば、2人の間には新たな邪魔者は入ってきませんし、入ってこれません。
少なくとも趣味を共有をする際には、2人は常に2人なのです。
これで最小限と言えるほどの少ない友達の出来上がりです。

 

沢山の人とは友達になれそうもない、少ない友達の作り方とは?

 

 

 

・まとめ

 

友達は多ければ多いほどいいというものではありません。
それでは、全ての人を覚えることも大変ですし、それぞれの趣味嗜好を覚えることも合わせることも大変です。

 

世の中は友人に囲まれている人を異様に評価しますが、それは単に広く浅く、しかもちょっとした知り合い、遊び友達程度にしか思っていないから実現できていることに誰も気づきません。
少ない友達は、それだけその人に集中できると言うことですし、少ない仲で仲良くいられ続けることも正に真の友達と呼べるからです。
今回は少ない友達の作り方をお送りしました。

 

 

 

趣味が合う方が楽しい!同じ趣味の友達の作り方とは?

 

 

 

こちらもおすすめです。

 

孤独にならないための友達の作り方

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ