趣味が合う方が楽しい!同じ趣味の友達の作り方とは?

趣味が合う方が楽しい!同じ趣味の友達の作り方とは?

趣味が合う方が楽しい!同じ趣味の友達の作り方とは?

趣味が合う方が楽しい!同じ趣味の友達の作り方とは?

 

 

趣味嗜好が合った方が友達として楽しいでしょう。
もちろん、全く違う趣味の人と付き合っても、新しい世界が見ることができて楽しいかも知れません。
ですが、友達が少ない時期、やはり似た者同士が判りやすいし、付き合いやすいことは間違いないことです。

 

趣味が合うというのは何も、同じ趣味を持っているということに限りません。
ファッションやライフスタイル、性質なども含めています。
外見は全く違うけど、考え方はそっくりなんて人もいます。

 

大抵は、性格が似ていれば、外見にも表れてくるので、そんな違いを持った人はほとんどいないと思います。
性質が似てれば外見も似る、外見も似ていれば、性質も似ていることがほとんどです。
ただ稀にそうじゃない人もいるので、100%決めつけてかかるのは正解とは言えないということで気を付けましょうと言うことです。

 

趣味が違うからと言って、楽しい生活を送れないかと言うとそうではありません。
ですが、趣味嗜好や性質が似ている、合っているということは友達なるための入り口はとてつもなく広がっているということです。
つまり、門は開いていると言うことになります。

 

そうではない場合、もちろん仲良くなれる可能性は充分ありますが、敷居が高く、門は少ししか開いていないと思って良いでしょうし、話しかけるテーマにも困ります。
まだ慣れていない場所、慣れていない空間、慣れていな人々の中では趣味が合うということは最大の武器になるのです。

 

ここで何も無理をして、違うタイプの人に話しかけたり、友達になろうとする必要は全くないはずです。
たかが友達です。
何も好き好んで苦難の道を選択しなくてもいいでしょう。

 

そういうことで、今回は趣味の合う友達の作り方について解説していこうと思います。

 

 

 

・似たようなファッションの人を探す

 

趣味が合う方が楽しい!同じ趣味の友達の作り方とは?

 

ファッションが多岐にわたるようになったと言っても、そこまで多くの分類があるわけではありません。
所詮は、いいところで7種ほどが見受けられる程度でしょう。
後は、少しずつ自分なりにアレンジしている程度のことです。

 

しかも、ファッションやトレンドは常にサイクルで回っており、完全な新しいものは未だ未開発です。
そういう意味では、年齢が離れていてもサイクルのどこかで合致するため、話題を共有できるのです。

 

同じ趣味や、同じ感覚を持つ人は、何となく香りでかぎ分けることができるはずです。
「あ、これは全く違うタイプだな」と感じる人はいるはずです。
逆に合う人は「あ、同じ匂いがする」と何となく親近感を感じるはずです。
大抵は、表向きの趣味が近ければ、中身も近いことが多いと言えます。

 

この人は、近いなと感じたら、まずは外見の話題から入っていきましょう。
ベストな声掛けは、「それってどこで買ったの?」や「それって高そうだけどいくらだった?」と言うほめ言葉に近いものが良いでしょう。

 

 

 

・自分の趣味より相手の趣味を暴く

 

趣味が合う方が楽しい!同じ趣味の友達の作り方とは?

 

現代社会では、様々な趣味が存在します。
いくら表向きの趣味が近いからと言って、うかつに自分の趣味嗜好を明かすのは賛成できません。
同じ趣味の友達の作り方として軽率と言えます。

 

もしかしたら、普段着などの趣味は同じでも、他の趣味はぶっ飛んでしまうほど違う可能性があります。
かたや、アニメやコスプレ好き、コミケが一番の楽しみで、かたやファッションはそれらしくても、そこまでコアではないかも知れません。

 

もちろん、ファッションが近ければ興味はあるのかも知れませんし、1人ではやる勇気が出なかっただけかも知れません。
もしかしたら、一緒にやってくれる同志、勇者を待っていた可能性もあります。
しかし、反面、ただファッションにしか興味がないというケースも考えられ、その場合は調子にのって誘ったりすると、一気にコミュニティで阻害される危険もあります。

 

ある程度の年齢やポジションでこうなってしまうと取り返しが効きません。
そのためにも、似た香りがするからと言ってうかつに相手に食い込んでいくのは止めておきましょう。
徐々に近付いていき、相手から趣味嗜好を引き出すのがベストと言えるでしょう。

 

 

 

・酒の席で趣味嗜好を知る

 

趣味が合う方が楽しい!同じ趣味の友達の作り方とは?

 

中々、自分の趣味嗜好はどんなものであっても簡単には語れないものです。
しかし、お酒が入って酔ってくれば話は別です。
そういう席があったら、もしくは誘ってみて話を聞き出すのも手です。

 

公的な場での飲み会なら、目をつけている人の隣に素早く陣取りましょう。
最初は当たり障りのない話題をふり、ファッションなどは趣味が似ているので、その話で盛り上がってもいいですね。
その中で、徐々に普段は何をしているかという話から、深いところの趣味嗜好まで引き出します。

 

同じ趣味の友達の作り方としては、ここが重要になってくるのです。
ディープでコアではなくても、相手があなたの趣味嗜好に合う考えを持っているようなら大当たりです。
大当たりなら、ここで自分の正体を明かします。

 

もし、違っていたとしても、お酒の席であれば似た趣味の持ち主であれば、徐々にあなたの趣味について語り、興味を持たせることも可能でしょう。

 

 

 

・気楽に付き合ってもらおう

 

趣味が合う方が楽しい!同じ趣味の友達の作り方とは?

 

趣味と言っても色々あります。
それほど構えなくてもできる趣味は多くありますし、何かをするだけが趣味とは言えません。
ファッションの趣味が合うだけでも、気軽に一緒にショッピングができます。
これも言ってみれば、趣味での友達の作り方の1つと言えます。

 

趣味と言うと、なぜかヲタク的なコアなコスプレなどばかり思い浮かべますが、それはそれでごく一部の人のことです。
そう考えれば、趣味で友達を作ることはそんなに難しいことではありません。
同じブランドが好きと言うだけでも、趣味が呼び込んだ友達と言えます。

 

同じゲームAPPが好きと言うだけでもやはり同じく趣味が作る友達です。
しかも、趣味は飽くまで呼び水でしかありません。
一度、共通の話題が出来れば、それが足がかりになり、友達になるための会話や行動が増えていくでしょう。

 

もしかすると、同じ趣味を持つ人同士が友達になることが最も気軽で確実な方法なのかも知れません。

 

 

 

・まとめ

 

趣味が同じであったり、似通っている場合、かなり高い確率で思考や志向が似ていると思って良いでしょう。
そんな2人が仲良くなるのにそれほど時間もかかりませんし、障害も少ないはずです。
話のキッカケも作りやすく、話しかけやすい状態が出来上がっているのです。

 

もちろん、全然趣味の合わない人から、違う世界を学びたいと思う人もいるでしょう。
ですが、そういう人は稀で、どうしても趣味嗜好が同じ人同士でグループができるものです。

 

ライオンの群れにシマウマがいても何も得ることがないことと同じことです。

 

 

趣味が合う方が楽しい!同じ趣味の友達の作り方とは?

 

 

 

実は難しい?異性の友達の作り方

 

 

 

こちらもおすすめです。

 

孤独にならないための友達の作り方

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ