専門学校で友達がほしい!その作り方は?

専門学校で友達がほしい!その作り方は?

専門学校で友達がほしい!その作り方は?

専門学校で友達がほしい!その作り方は?

 

 

今や、高等学校卒業者の進学において、大学進学や就職をおさえて年々専門学校への進学率が上がっています。
全体の20%ほどですが、毎年上昇している状態で、大学進学等は減少傾向にあります。

 

この傾向は、就職氷河期にあって専門職や手に職をつけたい、就職率が極めて良いと考えられている専門学校に注目が集まっているようです。
現実にそこで取得できる資格がどこまで通用するのか、役立つのかはおいておいて、同じ目標に向かって勉強する上で、仲間の存在は重要です。

 

ましてや、専門学校の場合、1年もしくは2年という短期間で修了するケースが多く、早い内に友達を作って、良い形で苦楽を共にできるような関係性が築ければ学ぶ上でもメリットがあります。

 

また、大学や短大などと違い、1クラスの人数が少ないので、友達がいないと厳しいものがあります。
そこで今回は専門学校での友達の作り方に迫っていこうと思います。

 

 

 

・将来のビジョンがハッキリしている

 

専門学校で友達がほしい!その作り方は?

 

専門学校に通うくらいですから、将来のビジョンは大切です。
持っていて当たり前とも言えます。
専門学校での友達の作り方としても、この将来のビジョンが重要になります。
相手からしても、何となくすることが他にないから来ましたと言う人より、「これがやりたい!」、「こうしたい!」とシッカリした考えを持って臨んでいる人に共鳴しますし、惹かれるものです。

 

専門学校は短い期間で、資格を取得してバラバラに就職していくのですから、同じビジョンと温度差がないことが友達になるために必要なことです。
お互いに高め合える友達、同じ道に真剣に向き合える友達を作ることがだいじなのです。

 

適当な気持ちしか持っていない人と仲良くなると、その雰囲気に流されてしまうか、やがて温度差が出てきて、結局は疎遠になっていきます。
専門学校は、卒業イコール就職なので、就職した後も高め合える人が理想的です。

 

 

 

・チャンスは実習時間

 

専門学校で友達がほしい!その作り方は?

 

専門学校は、大学や短大と違って実習時間が多くとられています。
実習時間は、一番話しやすい時間とも言えるでしょう。
と言うより、話をしなければ成立しません。

 

こういう時間帯は、自分も含めて皆素が出てしまう時間帯です。
どの人がどんな性格で、付き合いやすいか、付き合いにくいかまで見極めることすらできます。
誰がどれだけ真剣に情熱を持っているかも判りますし、向上し合える相手も見定めることも不可能ではありません。

 

専門学校での友達の作り方としては、その時間の短さを考慮に入れて選択しなければなりません。友達は必要ですが、自分が学ぶ上で邪魔になるような人は避けるべきなのです。それを見極めるのに実習時間は、ベストタイミングです。

 

実習時間でどれだけ真剣にやっているか、どれだけ一生懸命に取り組んでいるかがハッキリ判るからです。やはり、こういう場での友達は切磋琢磨したり、助けあったりできる友達であるべきですから、そこで見極めて積極的に話しかけたり、ディスカッションなどをすれば、顔も性格も覚えてもらえて、次に直ぐ話しかけられる関係性になるはずです。

 

 

・自分の話ばかりしないこと

 

専門学校で友達がほしい!その作り方は?

 

友達作りの場合、どうしても話題に詰まってしまい慌てて自分語りばかりしてしまう傾向が多いようです。
ですが、大抵の人は自分から望んで知ろうとしていない相手の自分語りは面白くも何ともありません。

 

こういう時は、たとえ興味がなくても相手の話を引き出すようにすることが大切です。
人は不思議なもので、自分語りをすると親近感を持つものなのです。
質問されればされるほど、自分のことをさらけ出さざるを得ません。
自分のことを話せばそれだけ、相手との距離感が縮まったと脳が勘違いしてしまうのです。

 

特に専門学校では、相手の自分語りを引き出すのは、それほど難しいことではありません。同じことに興味があり、同じ道を目指しているのですから、相手の事に関しても尋ねることに困ることはありません。

 

そうなれば、当然相手もあなたに興味を持ちます。
そうして会話のキャッチボールが成立し、仲を深めることができるのです。
専門学校での友達の作り方は、相手に自分語りをさせる、これが一番の早道です。

 

 

 

・とにかくスタートダッシュが肝心

 

専門学校で友達がほしい!その作り方は?

 

社会人とは違い、高校生、大学生、専門学校生などの学生の場合、友達作りにはスタートダッシュが重要になってきます。
社会人の場合、入社してすぐ暇を持て余すことなどないので、誰にしても友達作りが最優先ではありません。

 

しかし、学生の場合、様々な面で時間が余ります。
そういう意味でも、多くの学生がまずは仲間、友達を見つけることに走りがちです。
一旦、出来上がったグループに後から入るというのは最も困難で、自分自身も声をかけたりすることに躊躇してしまいます。

 

そこで、学生の友達の作り方にはスタートダッシュが欠かせなくなってくるのです。
とりあえず、近場にいる人には積極的に声をかけていきましょう。
グループが固定化する前に顔見知りになっておけば、その相手がどこかのグループに所属しても、紹介してもらえるケースも大きいので、あまり人を選ばずに声掛けすることが成功の秘訣です。

 

 

 

・まとめ

 

専門学校で友達がほしい!その作り方は?

 

専門学校での友達の作り方は、目指すべきものが共通しているということが大きなメリットとなります。
つまり、初期の話の内容はその専門的なことに限っても良いからです。
相手が何に興味あるのかは、少なくとも1つだけは判っている状態であるということなのです。

 

また、会社や、大学などと違って、閉鎖的で人数が限定されていることも友達作りには向いていると言えるでしょう。
いち早く、名前や顔を覚えて、どんどん話しかけていけば、専門学校で友達を作ることはそれほど難しいとは言えないでしょう。

 

ですが、少ないだけにスタートダッシュが必要になります。
うかうかしていると、それぞれグループが出来上がってしまうので、そこにだけは気をつけましょう。

 

 

 

インターネット時代の友達の作り方とは?

 

 

 

こちらもおすすめです。

 

孤独にならないための友達の作り方

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ