アラサ―だからこそ友人が必要!大人の友達の作り方とは?

アラサ―だからこそ友人が必要!大人の友達の作り方とは?

アラサ―だからこそ友人が必要!大人の友達の作り方とは?

アラサ―だからこそ友人が必要!大人の友達の作り方とは?

 

 

現代社会では、30歳前後をアラサ―と呼び、40歳前後をアラフォーと言います。
いつごろから定着したかは定かではありませんが、気を遣っているようでいない、こんな呼び方は、何となく失礼な話です。

 

ですが、世間一般に定着してしまったものはもう仕方がありません。
受容する以外にないでしょう。
厳密にはアラサ―は27歳から33歳位までを呼称するものです。
ある意味、一番悩みの尽きない年代かも知れません。

 

結婚や、出産、育児や昇進、昇給、生活全般において愚痴ったり、相談する友達が最も必要な時期でしょう。
にも関わらず、一番出会いの少ない時期であり、人生の中でも友達を作ることが最も難しい時期とも言えるかも知れません。

 

今回はそんなアラサ―の人の友達の作り方について解説していきます。

 

 

 

・ネットを活用しよう

 

アラサ―だからこそ友人が必要!大人の友達の作り方とは?

 

現代社会ではネットを活用しない手はありません。
もちろん、出会い系などはサクラや詐欺まがいのところが多いのですが、単純に同性のメル友募集といったところや、SNSサイトでは意外と簡単につながることができます。
SNSサイトであれば、忘れていた昔の知人ともつながれる可能性があります。

 

ただ注意すべき事は、異性とのやりとりです。
まずは同性とのつながりをもって、そのつながりの中で、かなり慣れてから異性とのつながりを持ちましょう。

 

もちろん、独身で恋人募集中なら別ですが、全く知らない異性とつながる可能性はネットではゼロと考えて下さい。
むしろ危険がありますので、とにかく同性のソフト路線でいくようにしましょう。
FacebookやMixi、Twitterなどのサイトで知人を探したり、近隣の近い境遇の人を探したりするのがアラサ―の友達の作り方の第一歩です。

 

 

 

・オフ会に参加しよう

 

アラサ―だからこそ友人が必要!大人の友達の作り方とは?

 

ネットで仲良くなったり、更にその周辺でグループが出来たりすると、いずれは会ってみようよとオフ会の誘いが来ます。
こういった誘いは、既に充分ネットで相手とのやりとりをしていて気安い関係になっていたなら、必ず参加するようにしましょう。

 

ここで躊躇して不参加となると、その後のネットでのやり取りも何となく気まずくなります。
やはり、人間関係はネットのみでは構築できません。
どこかの時点で実際に会って、遊んで楽しむということが必要になってきます。
しかも、同性だけで会うのですから、危険もないでしょうし、それほど構える必要もないでしょう。

 

 

 

 

 

・常に外見は好感度を意識する

 

アラサ―だからこそ友人が必要!大人の友達の作り方とは?

 

年代や立場に関係なく、身だしなみは重要なことです。
ですが、それは他者が劣等感を感じるものでも、優越感を必要以上に感じるものでも良くありません。

 

年代や、自分に合ったもの、そして清潔で好感をもたれるものを身に着けることが大事です。
特にアラサ―という人生経験をある程度積んできた人にとって、身だしなみ1つまともにできないようでは周囲から敬遠されてしまいます。
オシャレでないことも良くないですし、オシャレすぎるのも良くない、非常にデリケートな部分がありますが、一番の基本は自分自身に合っていることです。

 

そして、何よりも表情を大切にしましょう。
ターゲットもアラサ―の人でしょうから、人を見て友達付き合いを慎重に考えるでしょうから、とにかくいつも明るい表情でいることを心がけましょう。
挨拶も欠かせない要素です。
挨拶だけでも声をかけたことには違いありません。
育ちによっては挨拶ができない人とは交際するなと教育されている人はアラサ―世代には多いのです。

 

 

 

 

 

・イベントには積極的に参加する

 

アラサ―だからこそ友人が必要!大人の友達の作り方とは?

 

どんなイベントでも構いません。
アラサ―の人の友達の作り方としては、今まで参加したことがないようなことや、参加したことがない場所へ行くことが重要です。

 

新たな友達を作るのですから、既存のことや場所へ行っても、今以上に友達ができる可能性は低いと言って良いでしょう。
イベントと言っても大げさなことではなくても良いのです。
毎朝、ジョギングをするといったことだけでも、顔見知りの人ができて、思わぬ共通点などがあり、仲良くできる可能性も高いと言います。

 

大事なことは受動的になって待つのではなく、能動的に自分から動いて見ることです。
アラサ―にもなると、そんな暇が沢山あるわけではないでしょうが、友達を作るためには積極的に動くしかないのです。

 

難しかったり、お金がやたらかかることではなくて充分なのです。
ちょっとやってみよう程度でできることに、まずはチャレンジしてみることです。
外に出るということだけで人の輪というものつながるものです。

 

既に友達がいたとしたら、一緒にやって仲間を増やすことを考えても良いかも知れません。
特にアラサ―の場合、お互い予定がかみ合うことが少ないので、ある程度の人数がいた方が心強いでしょう。

 

 

 

・過去の知人を探ってみる

 

アラサ―だからこそ友人が必要!大人の友達の作り方とは?

 

アラサ―ともなれば学生時代に懇意にしていた、友達や知人とも疎遠になっています。
しかし、ふとしたキッカケで、似たような境遇や、近隣に住んでいたなんてことも皆無ではありません。

 

現在や未来の未知の友達だけではなく、過去を探ればいくらでも友達はいるはずです。
そこで、同窓会や、結婚式、不謹慎ですが葬儀などには絶対に出かけましょう。
特に学年全体の同窓会などでは、多くの出会いが待っているはずです。

 

LINEやメールのアドレス交換、Facebookなどを共有して、今後の付き合いにつなげていきましょう。
疎遠になっていたからと言って、必ずしも仲が悪くなったわけではなく、お互いの道を歩んでいる間に連絡がなくなっただけの人もいるでしょう。

 

結婚式に呼ばれる間柄なら、そもそもそれなりにやりとりがあるでしょうが、出席者全員が懇意にしていたとは限りません。
こういった機会は絶好の機会です。
結婚式ですから、雰囲気も良いので仲良くなるには大きなチャンスになるでしょう。
葬儀も、久しく会っていない人に会ったりし、故人を思い出しながら色々と話が進むでしょう。今や、葬儀でもアドレス交換は常識になっています。

 

 

 

・まとめ

 

アラサ―は人生の節目でもあります。
この時期をどう過ごすか、誰と過ごすかと言うことは、今後の人生を占い上でもとても大事なことと言えましょう。

 

年齢がいったから友達がいらないなんてことは全くなく、むしろそんな時だからこそ友達、特に親友が必要なのです。
この時期は生活が激変する人が多いはずです。

 

仕事でも立場が変わったり、苦しい立場に立ったりもします。
結婚して生活が一変したり、子供ができたりと支えや相談相手も一番欲しいものなのです。
アラサ―だからと言って、若い頃と違って友達ができないなんて事はありません。
アラサ―だからこそできる友達も多くいるはずなのです。

 

 

アラサ―だからこそ友人が必要!大人の友達の作り方とは?

 

 

 

インターネット時代の友達の作り方とは?

 

 

 

こちらもおすすめです。

 

孤独にならないための友達の作り方

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ