同性の友達が欲しい!同性の友達の作り方とは?

同性の友達が欲しい!同性の友達の作り方とは?

同性の友達が欲しい!同性の友達の作り方とは?

同性の友達が欲しい!同性の友達の作り方とは?

 

 

 

友達と一口に言っても色々です。
年齢が違ったり、性別が違ったり、人種が違ったり、必ずしも同じ年齢で、同じ性別とは限りません。
とは言え、多くは同年代の同性の友達がほとんどでしょう。
そして、やはりそういう友達が一番欲しい友達ではないでしょうか。

 

同性ではないと理解し合えない部分は当然ありますし、異性とでは間違いが起きる場合もあります。
同性だからこそ解り合える部分や、分かち合えることは必ずあるものです。
高校生くらいまでは、当たり前のように同じ学年の、同じ性別の人と友達になっていたことでしょうが、大学生や社会人になると事情は異なってきます。

 

大学生であれば、サークル活動や出席する講義によって、親しくなる相手が変わってきます。
その相手は常に同性とは限りません。
社会人になると、更にその傾向は顕著になります。
同じ会社にいれば、当然性別関係なく仲間意識が芽生えますし、組んで仕事をする場合に必ずしも同性同志になるとは限りません。

 

人は、どうしても多くの時間を過ごした相手と仲良くなります。
また、同じ目的や目標を持っている相手とも親しくなるものです。
親しくなると言うことに計算はなく、自然とそうなっていくものですから、望むと望むまいとに関わらず、条件が揃った人に親近感を持つのです。

 

もちろん、親しくなったから友達になったということではありませんが、少なくともそうではない人よりも友達になる極めて可能性の高い人になっている訳です。
一歩友達への道に近づいた人とも、友達なれば良いのですが、やはり同性の人と友達になって気楽に過ごしたい、自分と近い人間と色々分かち合いたいと言う気持ちは拭い去れないものです。
また、同性の友達が多い人ほど、周囲からは良い目で見られますので、そう言う意味でも同性の友達は不可欠です。

 

そこで今回は同性の友達の作り方について解説していきます。

 

 

 

・タイプを見極めて自分に合う人を見つけよう

 

同性の友達が欲しい!同性の友達の作り方とは?

 

同性の友達の作り方として、パターンを見極める必要です。
つまり、同じ趣味嗜好の相手を見つけると言うことです。
同性以外の友達でも、好きなことが似ていると言うことは大事なことですが、同性の場合、特に好きなことが同じであることは友達になる上で大事なことです。

 

あわてて、相手を見つけようとして、趣味の合わない人、いわゆるタイプが違う人と仲良くなっても長続きしません。
ほんの初期の頃ならともかく、そういう関係はすぐに破綻します。
同性の友達を作るなら、とにかく同じタイプで、同じ趣味があると言うことが最も大事なことです。

 

パターンとして人は2種類に分けることができます。
もちろん、実際はもっと細分化されていますが、大きく分けると2種類になるのです。
1つはアウトドア派の活動的なタイプ。
もう1つはインドア派の出不精なタイプです。
インドア派の人がアウトドア派の人と付き合っても到底ついていくことができません。
逆も然りです。

 

言ってみれば、行け行けのリア充タイプと、じんわりほっこりヲタク派の違いと言うことです。
このタイプが違ってしまうと全くかみ合わないことになるのです。
そういった関係性は、苦痛でしかなくなりますので、友達になる前にジックリ観察してタイプを見極めましょう。

 

 

 

・必要以上に目立たないこと笑顔を忘れないこと

 

同性の友達が欲しい!同性の友達の作り方とは?

 

誰に対してもそうですし、誰と友達になる場合も同じでしょうが、印象を良くする必要があります。
誰であっても、印象が良い人と交際したいと考えますし、近づきやすいのは当然のことです。
特に、同性の友達の作り方として外見上の印象は重要です。
異性であれば、色々なパターンの好みがありますが、同性は「良い人」が最重要案件なのです。

 

もちろん、笑顔と言っても1人で無言の時にニヤニヤしていると、むしろ危ない人と思われがちですので、普段は厳しい顔つきにならないことに留意しましょう。
また、誰かと話をする時は、笑顔で話すことに気をつけないといけません。
加えて話をする時は、多少声のトーンを上げましょう。
そうすると印象が良くなります。

 

また、目立ち過ぎると人は中々近づいてきませんし、嫉妬の対象になったりします。
異性が相手なら目立っていても構いませんが、同性の場合はどうしても嫌な印象を受けてしまうものです。
同性は無意識の内にライバル心を持ってしまうのです。
目立つような言動をとって、人気があるような人には同性は中々心を許しません。
明るくて、少し大人しめの感じの方が人は心を許しやすいものですし、話しかけやすいものです。
自分からも話しかけることが大事ですし、相手が話しかけやすい状況を作ることも重要なことです。

 

 

 

・まとめ

 

いかがでしたか。
今回は同性の友達の作り方について説明したきました。
当然、普通であれば友達と言うのは同性が多いものですが、同性に嫌われ易い人も時には存在します。
友達はどんな年齢や性別でも大事なものですが、人生の貴重な時間を過ごすためには、同性の友達は必要なものです。

 

同性ならではの理解や、恋の悩みなど、異性では理解されにくいことは多いものです。
同性だからこそ共感してもらうことができ、同性だからこそ分かち合えることは非常に多いのです。
気軽に過ごせるのも同性である場合が圧倒的に多いものです。
更に出かけたり、ショッピングなどをする場合も異性と同性とでは変わってきます。

 

ここのアドバイスを参考にして同性との友情を育みましょう。

 

 

 

趣味が合う方が楽しい!同じ趣味の友達の作り方とは?

 

 

 

こちらもおすすめです。

 

孤独にならないための友達の作り方

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ