実は難しい?異性の友達の作り方

実は難しい?異性の友達の作り方

実は難しい?異性の友達の作り方

実は難しい?異性の友達の作り方

 

 

異性と知り合ったり、親しくなるのは最も簡単ではあるのですが、「友達」ということになると異性と友情を結ぶことが一番難しいことなのかも知れません。
と言うのも、やはり異性である限り、友達の一線を越えてしまう可能性が必ずあるからです。

 

男女の友達関係を「絶対に成立する」と断言する人がいますが、逆に100%成立しないという考え方もあります。
過去も現在も、どちらかと言えば、後者の考え方の方が多いでしょう。
日常的にとは言いませんが、双方に何かキッカケがあれば、慰め合うという形で間違いが起きかねないからです。

 

もちろん、そうならないケースもないとは言い切れません。
と言うのもこういうことはタイミングがあるのです。
タイミングさえ合えば、普段はそう思っていなくても、男女の関係になることはあり得るのです。
基本的に男女の友情は成立しないという立場で、そうなるケース、そうならないケースも含めて、今回は異性の友達の作り方について説明していきましょう。

 

実は難しい?異性の友達の作り方

 

 

 

・異性とはどこでも知り合える

 

女性が積極的にさえなれば、異性との出会いはいくらでもあります。
社会人なら社内や取引先、学生なら学内、クラス、サークル、部活と数限りなくあります。ですが、逆に男性が女性とめぐり会おうとしても、会うことはできても知り合いになるのは困難と言えるでしょう。

 

しかし、自然に交流を深める方法は皆無ではありません。
女性の側が警戒するので、簡単には友情と言う形で親しくなることは困難です。
とは言え、人が集まる場では話すらしないということはありません。
ですが、合コンなど恋人を求める場では、異性の友達を作るのは難しいでしょう。
できる限り、性差のない場での出会いが必要です。

 

実は難しい?異性の友達の作り方

 

 

・男女の関係に陥らない異性の友達とは?

 

異性の友達の作り方として、大前提として男女の関係に陥らないケースが必要です。
となると、あり得るケースは対象が生理的に受け付けない相手であることです。
ですが、同性であっても、生理的に受け付けない人とは友達になろうとは思いません。
ましてや異性であれば尚更です。
この際、自分や相手に恋人がいると言うことは何の関係もありません。

 

むしろ、上手くいっていない時や、別れた時などは慰め合う意味で好きでもない相手と気安いとうだけで、性的関係を結びやすくなります。
結局どこまでいっても男女は常に鍵と鍵穴の関係です。
それは何を言おうと、何をしようと変わりようがないものです。
現在異性としての魅力を感じていないからということは、今後も異性の関係にならないことの保障には全くならないのです。

 

また、異性としてではなく、人間的魅力に惹かれたとしても、相手が異性である限りは、心のどこかで異性としての魅力も感じていることになります。
それは、顕現意識ではなく、潜在意識で感じているので、自分でも「まさか」とおもうものなのです。
これは、誰がどれだけ否定しようと生物としての人間に備わった本能なのです。
それを越えた友情と言うものは存在しません。

 

実は難しい?異性の友達の作り方

 

 

・異性と友情関係を築くには2人きりにならない

 

しかし、やり方次第では友達というより、友達グループの1人としてなら成立するでしょう。
要は絶対に2人で会わない、2人だけで話さない、仲間といても2人だけではなれないなど色々な制約や注意の中では友達関係は成立するでしょう。
また、2人だけの秘密を共有しない、2人だけで連絡もしないことが重要です。
も+しくは既に恋人関係にある2人ともが所属するグループなら、男女の友情も絶対に成立しないとは言い切れません。

 

ですが、別れてしまうと危険は増大します。
そこまで気を遣ってまで異性の友達を作る、そんな作り方を考える必要があるかというと微妙なところです。

 

もちろん、アドレスや電話番号は2人きりでの会話が成立しますので教えるわけにはいきません。
一口に言ってしまえば、友達になっていなければ、お互いがむしろ嫌いなタイプと言う相手としか異性とは友達になれないということです。

 

当然、人は外見ばかりではありませんが、内面を好きになっても恋愛に発展する可能性はあります。
全てはタイミング次第なのです。

 

実は難しい?異性の友達の作り方

 

 

・決まりを強く自分に課す

 

異性の友達の作り方は色々あります。
知り合う場所も、様々です。
サークル、会社、部活、学校、バーやクラブ、街中、友達の紹介、同じクラス、挙げれば枚挙に暇がないほどです。

 

もしかしたら恋人にだったらなれたかも知れません。
しかし、友達付き合いに留めておくのは非常に難しいことなのです。
男と女、2人きりになれば、何が起きるか判りません。
たとえ、1人がその気がなくても、もう1人は男女関係を結ぶことに必死かも知れません。

 

それを避けるためには、お互いも当然ですが、自分に厳格すぎるほどの決まりごとを課すことが大事です。
2人で会わない、一緒にお酒は飲まない、恋愛相談はしない、性を感じさせる服装はしない、期待をもたせない、相手が傷付いても線引きはキチンとしておくべきです。
メールやLINE、電話でも個人的な話の場合は、出ない、切ってしまうなどの行為も必要です。

 

しかし、そこまでして異性の友達が必要なのかどうかは非常に疑問なところです。異性を紹介してもらったり、同性だけではできないこともあるでしょうから、いたらいたで心強かったり、メリットがゼロというわけではないでしょう。
しかし、大抵はミイラ取りがミイラになるケースがほとんどです。

 

異性の友達と、ずっと友達でいることは永遠のテーマなのかも知れません。

 

実は難しい?異性の友達の作り方

 

 

・まとめ

 

「知り合う」ということと「交際する」ということ、「友達になる」ということはそれぞれ意味が違います。
ここでは、異性の友達の作り方というテーマですが、知り合ったり、仲良くするということと、「友達関係」で留めて親交を深めるということは全く別物なのです。

 

異性の友達を作るということは、そこが一番難しいところなのです。
酒を飲んでいる時、恋人と別れた時、色々と悩みを抱えている時など、女性は男性に寄りそいたくなります。それがたとえ普段眼中になかった相手であったとしてもです。

 

異性の友達の作り方としては、少し切り口が違っていますが、男女の友情が成立するには、男女の関係を完全に排するしかないのです。
それなくして、異性の友達の作り方は完成しません。

 

実は難しい?異性の友達の作り方

 

 

 

インターネット時代の友達の作り方とは?

 

 

 

こちらもおすすめです。

 

孤独にならないための友達の作り方

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ