友達の作り方

友達の作り方

インターネット時代の友達の作り方とは?

インターネット時代の友達の作り方とは?

 

 

現代はインターネット時代です。
何も外へ積極的に出かけなくても、家にいながらも人とつながることが可能です。
恋人を見つける事さえ今やインターネットでも可能になっています。
スマホの発展に伴って、益々ネット時代が促進されてきました。

 

インターネットでの友達の作り方は様々です。
ただ、ネットはバーチャルであり、現実ではありません。
真の友情を築くには、最終的にネットから出て実際に会ってみるしかありません。

 

しかし、インターネットにどっぷりハマっている人が、例えオフ会であろうとも中々外へ出て、人に会うことははばかれます。
実際、ネットの書き込みでも、勇気を出してオフ会に行ってみたが、上手くいかなかったという話も多く聞きます。
今回はそんなインターネットでの友達の作り方に迫ってみます。

 

 

 

・ネットゲームでまずはスラングなどに慣れる

 

友達の作り方

 

 

ネットで人と交流を持つには、色々な手があります。
ですが、入り口としてはネットゲームがベストと言えます。
あまり低年齢層がいないネットゲームであれば、初心者に優しく色々なことを教えてもらえます。

 

その中で、特にネットスラングを覚える必要があります。
そうしないと、その後ネットで友達を探したり、交流する上でも困りますし、キーを打つ早さも早くなってきて一石二鳥です。

 

できれば、ゲームボーイやスマホのアプリでのゲームは避けて、PCで行うゲームにするのが理想です。できることの幅も広がりますし、プレイ人口も非常に多いので、自然に出会いも増えます。ゲーム内のプレイヤー同志が結婚して、リアルでも結婚したなんて話もあるほど、ネットゲームと現実は近くなっています。

 

 

 

 

 

・比較的大型の掲示板に顔を出す

 

友達の作り方

 

 

インターネットで友達を作る方法として、次は比較的大きな掲示板を覗いてみましょう。
2ちゃんねるなどは、巨大すぎるので良くありません。
もう少しマイナーで安全なところを探して、同性のメル友を募集している様な掲示板へ行くのが理想的です。

 

直ぐにメル友募集に乗っかるのではなく、その掲示板の傾向を見て対策を練りましょう。業者や詐欺、なりすましも多いので、ログしながら時々参加していると、おおよそどんな掲示板かは判ってきます。
できれば、同じ趣味や悩みを語り合うような掲示板が良いです。
ここで、絶対注意すべきは異性の存在です。
異性は完全無視でいきましょう。
また、異性が混在しているサイトは避けることが早道です。

 

 

 

・フリーメールの交換をする

 

友達の作り方

 

 

ネットゲームでも、掲示板でも少しずつ仲良くなり、何となく相手のことが判ってきたら、フリーメールアドレスの交換をしましょう。
インターネットで友達を作る方法として重要なことです。
これで、個人的に話をしてみて様子をみます。
フリメなら削除すれば素性も判りませんし、拒否することもできます。

 

気をつけたいのは、アドレスを教え合ったからと言って、自分自身の個人情報を簡単に晒してしまうことです。
いくら、メールをする仲になったと言っても、相手は得体の知れない他人です。
できる限り個人が特定されない方法で話をしていきましょう。

 

本メールアドレスや、住所、電話番号はどれだけ訊かれても教えてはいけないことです。
あまりにしつこく訊いてくる場合は、やはり業者や詐欺の可能性があるので、その時点で付き合いを止めましょう。サイト誘導も同様です。

 

 

 

・オフ会を開催もしくは参加する

 

友達の作り方

 

 

ネットで仲良くなった後の醍醐味と言えば、やはりオフ会です。
インターネットで友達を作る方法として、オフ会は避けて通れない道です。
インターネットは飽くまで仮想世界です。
ヴァーチャルな世界で出会った相手にはフィルターが掛っているものです。

 

 

実際にリアルで会ってみなければ、その人の事は真に判ったとは言えません。
オフ会をすれば、相手の顔も話し方もファッションや性格まで判ります。
ネット以外の趣味も判るでしょうし、普段どんな生活を送っているかも判ります。

 

判ることが増えれば増えるほど安心感は増します。
相手も単純にインターネットでの友達作りを求めているのであれば、あちらの不安も解けるでしょう。

 

お酒を飲んだり、食事をしたり、またネットの話やそれ以外の話もできます。
ただ、ここでも完全にパーソナルデーターを明かすことは止めましょう。
メアドもフリメを教えておき、オフ会後の皆の動きを次にゲームや掲示板に参加することで見極めましょう。
本メールなどを教えるのは、その次のオフ会で良いでしょう。

 

 

 

 

 

・SNSサイトを立ち上げておく

 

友達の作り方

 

 

Facebook、Twitter、mixiなどのSNSサイトは立ち上げておきましょう。
ゲームや、掲示板で仲良くなった人は必ず参加させるようにしましょう。
用心して、本アドを教えなかったりすることで、これらの人達が疑心暗鬼に陥っている場合がありますので、自身のSNSサイトに招待することで安心させる効果があります。

 

そうしておけば、相手の素性もある程度判りますし、書き込みで何を考えているかも判断できます。
特に仲間意識が高まるので、良い効果を期待出来ます。
また、片方だけの知人ではないという意識が、相手側に伝わります。
現実に常に会っている友達ではないので、ネット上でのアクションがとても重要なのです。
どれだけネット上で自分を尊重してくれているかが、インターネット上の友達を作る方としては最重要課題なのです。

 

 

 

・まとめ

 

今回はインターネットでの友達の作り方について説明してきました。
今や通信の時代で、おおよそのことがインターネットで済んでしまいます。
人と知り合うことも例外ではありません。

 

現在は、正に人々の周りは通信にあふれているといいでしょう。
目の前にあるのはただの機械ですが、その向こう側には何千万人、何億万人の人がいます。
機械を操作しているからと言って、その向こう側の人達を完全に無視することはできません。

 

今や、ネットは出会いのツールでもあるわけです。
異性だけではなく、同性の友達すらネットを通じて結ばれることは少なくないのです。
これから益々ネット社会が進化していけばこうした機能ももっと充実したものになるでしょう。

 

 

友達の作り方

 

 

 

P.S
こちらのサイトもぜひ参考にしてみて下さい。

 

友達の作り方について

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ